津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  呼んで下さい

瞽女唄の公演

やさしく 悲しく
時にゆかいで そしてなつかしい
越後の瞽女唄をきいてください

瞽女唄はチケットを売って大きなホールで行う事はほとんどありません。

それぞれの暮らしの中での喜びや悲しみをある程度共有している、そんな生活の場に近いところでのお集まりに寄せていただいて、同じ空気をすいながらともに楽しんでいただきたい・・・地域の人たちが寄り集まって聞いた「ごぜやど」の文化を大切にしたい・・・そう考えています

地域の催し、身内のお集まり、温泉宿などでのお楽しみの場、職場や学校保護者会などの研修・・・
チケットを求めて来ていただく公演も増えていますが、

 

瞽女唄の公演

 

規模・場所等にかかわらずどこへでもお伺いしていますので、呼んで下さい。

 

呼んで頂くとき、ご留意下さい

 

呼んで頂くとき、ご留意下さい

遠方からのご要望の場合はご負担が大きくなりがちですがよろしくお願いします。
①演奏料の他に交通費をご負担お願いします。
②遠方や夕方以降の時間をご希望で萱森のコンディション上無理がある時などは宿泊費のご負担お願いします。
③私の運転で移動することが難しい場合、送迎もしくは交通費と共に楽器、衣装などの送料をご負担お願いします。
(津軽三味線も共にご希望の場合は使う楽器が違うため、それぞれの控えを含め4本の楽器を運ぶことになります)
④車を運転していく場合には会場への詳しい地図。
⑤車以外の場合、交通手段やアクセス情報、最寄駅への送迎。
⑥会場の写真等の情報をいただくことで下見を省略する。
⑦連絡窓口をはっきりさせてスムーズな打ち合わせをいただくなど。

この様なご配慮をいただくことで、ずいぶん負担が軽くなります。

スケジュールと体力の許す限りできるだけ多くのご要望にお応えしてこの芸を楽しんでいただきたいと考えています。
一人での活動です。
公演を支えるために、あるいはこの芸を将来へとつなげてゆくために公演以外にも
やっておかなければならない仕事もたくさんあり、
また、時間的にも体力的にも限りがありますのでご協力をお願いします。

演奏料についてはいろいろな場合がありますのでご相談ください。

メール(「お問い合わせ」のページから)
もしくはお電話025-261-5689(非通知不可)まで

 

今までの公演例

お寺
幼稚園の保護者会
病院
町内会
障害者・高齢者施設
美術館
学校
人権・障害者団体の研修
福祉関係行事
大学OB会
各種芸術祭
文化施設オープニングイベント
「身内の老人が100歳になるお祝い」
「遠くに住む親戚が新潟に来るので」

公演は「段もの」と呼ばれる語り唄を中心にお話を交えながらさまざまな演目を楽しんでいただきます。

津軽三味線も一緒に聴くご要望もOKです。
両者の違いや、それぞれに特有の迫力を味わえます。

 

今までの公演例

 

▲Topヘ