津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  長岡瞽女小林ハルさんについて

長岡瞽女・小林ハルさん

略歴

1900年(明治33年)新潟県三条市で出生
生後100日で失明
5才 瞽女の親方に弟子入り
9才 初の旅回り
昭和48年に福祉施設に入所するまで瞽女として生きた

1978年(昭和53年)記録作成等の措置を講ずべき無形文化財として認定
2001年(平成13年)三条市名誉市民
2002年(平成14年)吉川英治文化賞受賞
2005年4月25日 盲養護施設胎内やすらぎの家にて永眠105才

 

略歴

 

ハルさんの教え

 

ハルさんの教え

・ものを習う気構え
・唄を聞いて頂く気構え
・暮らしを立てていく気構え

そこから教えていただきました。

ハルさんが伝えたいと望まれたそのままの瞽女唄を、
ハルさんの声で私の耳に入ったものをそのままに、
多くの方にお伝えしたい・・・

ハルさんが伝えたいと望まれたそのままの瞽女唄を、
ハルさんの声で私の耳に入ったものをそのままに、
多くの方にお伝えしたい・・・

「お前はめぐりにあれこれされないでおれのいうことをきいていろ」
(お前は周囲に惑わされず、自分の言う事を聞いていろ)
「おれの唄を立派に唄うてくれるのはおまえだけだ。大事に唄うてくれ」
「お前みたいなのを唄バカというんだ。おまえの唄は、さずきもんだの(さずかりもの)」
「おれがもうちっと若かったらおまえと旅したかったもんだのよかったろうの」
※新潟の方言では女の人も自分のことを「おれ」といいます。

辛いことの多かったハルさんに「人生の最後の最後におまえと会えてよかった」と
感じていただきたい・・・その一心でお稽古に通った十年余でした。

90歳をこえたハルさんが気力と労力をそそいで伝えてくださった事を
無駄にしてはならないと考えています。

ハルさんの言葉に「よい人と歩けば祭り悪い人と歩けば修行」と言うのがあります。

 

小林ハルさんのお墓

新潟県胎内市、胎内川のほとりにあります。
小林ハルさんのお墓

ハルさんの生まれ故郷は新潟県三条市ですが、
ハルさんは常々「自分はここ(胎内やすらぎの家)が一番幸せだ、
死んでも三条にいくつもりはない、ここの墓に一緒に入れてもらうんだ」と言っておられました。

写真の右に写っているのが、その胎内やすらぎの家の共同墓、
六地蔵ですそのすぐ隣にハルさんのお墓は建てられました 「やすらぎの家」のすぐ近くです。

戒名は「無量院春芳慈声大姉」

年に2回ほど折に触れては訪れていますが、周りに建物がないせいか風が強いことが多い場所です。
供養してくださっている長谷寺からは車で10分ほど離れていて、
水道、ゴミ箱などの設備はありませんのでおいでになるときはご準備いただければと思います。

 

小林ハルさんのお墓

 

▲Topヘ