津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  瞽女唄との出会い

瞽女唄との出会い

最初の出会い

瞽女唄との初めて出会ったのは点訳ボランティアサークルでした。

「目陽会」という点訳サークルに参加していました。先輩たちが点訳した本がおさめられているのをみにゆこう、ということで、会員の研修旅行のような形で「胎内やすらぎの家」を訪れました。1985年頃のことです。
その時たまたま「入所者の小林ハルさん(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財:いわゆる人間国宝)がこれから唄われますのでよかったらどうぞ」と広間に招き入れていただいたのです。

音楽サークルの訪問演奏に対してのお礼というものだったようです。
ほんの10分くらいの短い時間だったと記憶しています。唄の題名も今となってはわかりません。この方から唄を教えていただくことになるとは思ってもいませんでした。

 

最初の出会い

 

初めて聞いた時の印象

 

初めて聞いた時の印象

この時の印象は「かわった唄だな・・・」と思いました。
発声も、声の上げ下げのもっていきかたも、唄っているその人が発している雰囲気も、それまで自分が経験したことのないものでした。
洋楽はもちろん、民謡や詩吟、長唄小唄などの和楽、それからミュージカルや演劇・・・どんな芸能ともかけはなれたものに感じました。自分たちにはけして触れることのできないもの。運命に選ばれた人だけが許された世界・・・・・・。

同時に、「惜しいな・・」とも「こういうものが消えていってしまう」、「惜しいけれど仕方のないことなのか」と思いました。まるで正倉院展を見ているような感じだった・・・と説明した事があります。ただひとつだけ残されたものを遠くからガラス越しに眺めている自分・・・。

 

2度目の出会い

それから数年の時を経て、小林ハルさんという人がまだ教える気持ちがあるので相手を探している、と聞いたのです。すぐに「あの時のあの人だ!」と思いました。

目の見えない方から「音だけで」習うということは、教科書やマニュアルは当然ありませんひたすら「うたって」いただきまねをする。ところが、唄っていただくたびに、言葉の並び方選び方、旋律、長さ、息継ぎの場所、三味線の手、タイミングなど色々変化するのです。

それが耳だけで伝承されてきた生きるための芸の奥深さ、すごさなのだと知りました。ハルさんは何をどう唄っても「ようした(よくできた)、よう覚えた」とほめてくださいました。でも本当にそれでいいのかどうかは自分でわかるものですここから本当のお稽古のはじまりでした。何回もやり直し何年もかけた唄もあります。

ハルさんは本当にほめ上手でした。

五感のすべてをつかってハルさんの表情からお考えになっていることをしり、確かめ、さまざまに変化する音の<ゆれ>を自分なりに工夫してかきとめました。ほかの人が見てもまったくわからないような自分のためだけの資料がどっさりあります。今、お稽古にこられている方のために、また初めての方にもわかるように、それらの資料の整理をはじめています。でもそれをうつしただけでは、瞽女唄の一面を垣間見ただけです。

テレビ、ビデオや教則本をとおしてではなく、人から人へとつながってゆく・・・その流れの中に自分がいることを誇らしく思っています。

ハルさんに「こういうところへいってきました」の報告をすると、
「上手にうたえたか」
「声がよく出たか」
「間違わなかったか」と、問われたことは1度もありません。
「お客人は喜んでくれなさったか」それだけを問われました。
このことが今の私の芸の方向を決定づけました。

芸術家になってはいけない。芸人でいたい。それが私の願いです。

 

2度目の出会い

 

▲Topヘ