津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  過去のメディア出演情報

瞽女の舞台、ラジオ、テレビなど

越後瞽女唄冬の旅

東京ノーブィ・レパートリーシアター(東京都世田谷区)
「越後瞽女唄冬の旅」瞽女唄指導 萱森直子 2013年の公演

瞽女を演じる役者さん(小関さん金子さん高瀬さん)が1年かけて新潟までお稽古に通ってくださいました。
(お稽古についてのブログ

たくさんの瞽女唄がもりこまれたお芝居です下は稽古の写真です。

 

越後瞽女唄冬の旅

 

夢売り瞽女

 

夢売り瞽女

2011年3月名古屋御園座、4月大阪新歌舞伎座

さゆりさんの瞽女はかわいらしく、またたくましく、多くのごぜさんたちの魂がよみがえるような、感動的なお芝居となりました。

山口さんとのかけあいでうたう「瞽女万歳」はみどころのひとつ。

このほか「祭文松坂」「口説き」などさゆりさんのうたう「瞽女の唄」がたくさん盛り込まれ、また役者さんたちと共に三味線を弾く場面など、見事でした。

左の写真はお蚕さまの成長を願ってうたうさゆりさん演じる『夢売り瞽女・たまえ』

 

夢売り瞽女(稽古風景)

平成21年のラジオドラマでご一緒したときから変わらず持ち続けてくださった石川さゆりさんの瞽女に寄せる思いが実現します。
さゆりさんが 『村に幸せを運んでくるめっぽう明るい瞽女・たまえ』を演じます。

祭文松坂・雨降り唄などいくつかを劇中でうたいます。
ラジオドラマでは唄だけでしたがこのたびは、三味線も演奏するため、お忙しい中でお稽古を重ねてこられました。
取り組みは昨年5月から始まっており、3月開演に向けて準備が進められています。

右の写真は12月、石川さんほか瞽女として登場する役者さんたちのお稽古風景です
皆さん三味線が弾ける方たちですが瞽女の三味線は独特、なごやかな中にも懸命なお稽古です。

多くの瞽女さんたちの魂がよみがえるような、素敵なお芝居となりました。

 

夢売り瞽女(稽古風景)

 

石川さゆり ねこふんじゃった(FMラジオ)

 

石川さゆり ねこふんじゃった(FMラジオ)

平成22年9月23日~29日

全国FMラジオ11局で放送されました。

ゲスト 萱森直子

石川さんが瞽女を演じる来年3月名古屋御園座・4月大阪新歌舞伎座のお芝居「夢売り瞽女」のことなどごぜうたという芸を多くの方に知っていただきたいという石川さんと萱森の共通の思いがお話のテーマです。

番組内で門付け唄「瞽女松坂」(スタジオでの録音)が流れました。

 

女歌夢の道行(FMラジオ 特集オーディオドラマ)

放送平成21年1月3日 主演 石川さゆり 近藤正臣

石川さゆりさんが瞽女を演じ歌い、萱森がごぜうた指導と三味線演奏をつとめました。

泉鏡花(近藤さん)の身の上話と、瞽女(石川さん)の語る人魚伝説とがからみあいながら物語はいくつもの時代をめぐり現代へと・・
ちょうど収録直後に体調を崩し入院となってしまい皆様に十分にご紹介できずに残念に思っていたのですが放送終了後たくさんのかたがたから、

「すばらしかった」
「ごぜうたの底力を感じた」
「物語と、異世界の音のようなごぜうたの不思議な感じにひきこまれた」

など反響いただき嬉しく思っています。

(入院先に石川さんからお見舞いのお花をいただき、私はもちろん同室の患者仲間さんたちもとてもとても癒されていました・・)

作者の大久保昌一良さんは以前高田瞽女の杉本さん一家や、刈羽瞽女の伊平タケさんと親交があった方で、その方たちが亡くなられて以来「もう本物の瞽女唄を聴くことはできない」と勝手に思い込んでいた、との事。

このたびこのドラマで使うごぜうたを、できる限り本物に近づけたい、と、萱森に声をかけてくださいました。

作中のごぜうたを作るにあたってもさまざまに意見を取り入れていただきました。

 

 

BSエンターテインメント 私のうたの道 ~石川さゆり~

 

BSエンターテインメント 私のうたの道 ~石川さゆり~

NHK BS2 平成20年12月20日
再放送 平成21年 2月11日
再々放送 平成21年 12月
再々々放送 平成23年 8月

ラジオドラマ「女歌夢の道行」への取り組みが紹介されました。
写真は石川さゆりさんが萱森の公演に来てくださったときの撮影風景

11月2日 新潟県阿賀野市 出湯温泉で、
華の会(女将さんの会)の協力をいただきました。

お客様はみな石川さんの来訪に驚かれた様子でしたが、和やかに会話を交わす石川さんのお人柄の魅力に、会場はあたたかい空気に包まれました。

このほか石川さんのごぜうたのお稽古の様子などが番組内であつかわれました
反響が大きく 番組はNHK局内で栄誉ある賞を受けられました。

 

石川さゆりさんとのおけいこは真剣・・・・時を忘れてしまうほどでした

初めてお会いしたのは前年東京ブローダーハウスでの公演を聴きに来てくださったとき。

「商業的になっていないものをきけてうれしい、自分もやってみたい・・」というようにおっしゃっていました。石川さんは芸人魂のかたまりのようなかたで師匠のハルさんと共通するものを感じました。
印象的だったのは「わりきれない。でもそこが魅力」とおっしゃったこと。
ごぜうたに限らず古くから伝承されている芸は皆そうだと思いますが、ことばもメロディも長さも、理屈に合わないのです音符などできちんと理解して覚える・・という類のものではないわけです。

割り切れるものに変えてしまいさえすればとても簡単にできるのですが、
そうしたほうが感動をよびおこしやすく、
また上手にきこえるのはわかっているのに、
それでは「似て非なるもの」になってしまう・・・

あえて「わりきれない」ままのごぜうたに迫ってくださったことを嬉しく思いました
毎日寝るときも録音をきいていたそうです非常にお忙しい中での努力に頭の下がる思。いでした。

2回目のお稽古のとき、前回よりも格段に本物に近づいていらっしゃるのに驚きました
ごぜうたの普段の公演はその即興性や臨場感がおおきなポイントです。

ところがラジオドラマは違います。
作者・演出者のイメージどおりに作り上げていく・・・
作中で使ったのは「かごめかごめ」「佐渡おけさ」「祭文松坂」
結果として、小林ハルさん、杉本キクイ・シズさん、伊平タケさん・・・私の知るすべての芸をとりこんでの作業となり、大変おもしろいお仕事でした。

インタビューに答えての石川さんの言葉です。

「力強く粗野、瞽女のくらしの声であり叫びでもあるうた」
「工夫はしていません耳で覚え、私の体の中を通過して発せられるうたですきれいに歌おうと思ったら瞽女唄のにおいが違ってきてしまいます」
ごぜうたの本質的な部分をとらえていらっしゃることがよくわかります。

 

石川さゆりさんとのおけいこは真剣・・・・時を忘れてしまうほどでした

 

NHK総合テレビ「新日本紀行ふたたび」ごぜうたが聞こえるー新潟県上越地方

2008年2月23日放送されました
放送終了と同時にたくさんの反響をいただきました
短い番組の中で私の訴えたいと思っていることを感じ取ってくださった方がたくさんいてくださることを知り、勇気付けられています
 
番組放送後よせられたご感想、激励のお言葉など、一部を 瞽女唄の感想にてご紹介します。
瞽女唄の感想はこちら

▲Topヘ