津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  津軽三味線

三味線が主役。それが津軽三味線の醍醐味です。

わずか3本の糸で奏でる、どんな音楽にも負けない迫力!
伴奏楽器にすぎなかった三味線を独り立ちさせて発展したのが津軽三味線。

始祖は仁太坊(にたぼう)1857生まれ18才で失明
その母親は“離れごぜ”であったと伝えられています。

ごぜうたをうたう時の三味線。

実際に双方に深くなじんでみると、源流を同じくするとは思えないほどの奏法の違いや、
思いがけない共通点にぶつかります。

ごぜうたをうたう時の三味線と聞きくらべると、
「同じ人がひいているとは思えない」といわれます。

唄を生かすためにある 瞽女の三味線
主役としての華やかさをもつ 津軽三味線

越後の瞽女唄が越後の暮らしをほうふつとさせるように
津軽三味線からは津軽の風景がうかびあがります。

一にどってん
二に音澄み
三の糸はしんみりと

 

三味線が主役。それが津軽三味線の醍醐味です。

 

津軽三味線グループ「どってん」


 

津軽三味線グループ「どってん」

-教室-

新潟市 東コミュニティセンター (月曜日)

新潟市 坂井輪コミュニティセンター (水曜日)

新潟市 横越地区勤労者総合福祉センター (金曜日)

新発田市 隣保館 (木曜日)

萱森の自宅 (新潟市五十嵐 けいこ日は応相談)

  
 お宅へ出向く出稽古もやっています

いつからでも始められます。

初心者大歓迎


中学生から高齢者まで皆さん楽しんでいらっしゃいます。
1回 2,500円(税込)~

TEL・FAX 025-261-5689(非通知不可)へお電話、ご相談ください。

 

ボランティア風景

 

ボランティア風景

仕事、学校、介護、家庭、・・・それぞれの生活の中での参加。
なかなか全員は集まれませんが、ふだんは個人指導なのでこうした機会は親睦のためにも貴重です。
演奏するたのしみ。きいていただくたのしみ。
きいてくださる方にもたのしんでいただきたいと願っています。

 

▲Topヘ