津軽三味線教室

 

HOME

リンク集

お問い合わせ

越後ごぜ唄とは?

津軽三味線とは?

プロフィール

聞いてみるには?

やってみるには?

ごぜ唄をもっと知りたい

HOME»  瞽女唄とは?

瞽女唄について

瞽女唄とは?

瞽女(ごぜ)さんが暮らしのために唄った唄、それが瞽女唄(ごぜうた)です。

瞽女(ごぜ)とは?
公的な福祉のない時代、目の見えない女性の生きる道は限られており、生きるために三味線をたずさえ村々を回っていた盲目の女性旅芸人の事で伝統が途絶えず引き継がれたのは越後だけでした。

 

瞽女唄

 

越後ごぜとは?

 

越後ごぜとは?

刈羽ごぜ、三条ごぜ、山ごぜ、浜ごぜ・・・「ごぜ」にもたくさんのグループがあり
その中でも「長岡」と「高田」のグループが双璧で
地域の違いにとどまらず、しきたりや組織のあり方など様々な違いが多数ありました。
「唄」そのものも、驚くほど違います。

他にも様々な違いがあり、両方を聴き比べるのも楽しみの一つと言えます。

演目は多彩・・・いろいろな要素がまざりあう重層的な「芸」です。

唄をうたい、楽しんでいただくことで暮らしの糧を得る・・・・
レパートリーが乏しくては商売になりません。
演目の多様さ、豊富さ はごぜうたの特徴のひとつです。

 

瞽女唄のジャンル

瞽女唄は大きく3つに分かれます。
(1)祭文松坂と口説き
(2)もともとは他のジャンルのものを瞽女のレパートリーとして取り入れたもの
(3)その他、瞽女さん特有の演目として彩りをそえるもの

(1)と(3)は瞽女唄だけの演目です。
 

(1)祭文松坂と口説き

祭文松坂は、通称「段もの」とよばれ
長い物語を一定の旋律にのせて展開します。
唄と語りをあわせたようなもの、といえるでしょうか
1段が大体25分前後で長いものだと10段くらいになります。
(1つの段はここからここまでと言う決まりはなく、
切り方はここら辺で一休みしようかという感じなので~段くらいとなります)

地域・組によってそれぞれの節回しがあったものと思われますが、
長岡瞽女であった小林ハル師から
「新津組の節回し」、
「長岡瞽女屋の節回し」、
「地蔵堂の節回し」
の3種類の節回しを、

また高田瞽女であった杉本シズ師からは杉本家に伝わる
「高田の節回し」

計4種類を受け継ぐことができました。
  
「口説き(くどき)」の形で語られる「段もの」もあります
七七調の文句を同じ節回しでくどいほど続けるところから口説きとよばれるそうですが、多くは祭文松坂よりも短く1段から2段で終わります。

「ねずみ口説き」「とっくり口説き」のように、ショートストーリー風のごく短い滑稽ものなどもあります。

 

瞽女唄のジャンル

 

(2)もともとは他のジャンルのものを瞽女のレパートリーとして取り入れたもの

新内、都都逸、端歌、和讃、民謡、はやり歌、など非常にたくさんあります。

文句も旋律も元のものとはかなり形を変えているものもたくさんあります。
唄は似ていなくとも唄についての地元の慣わしが同じ、というものもあります。

佐渡おけさ、新保広大寺節、などは長岡・高田両方を習いましたが
それぞれに全然違う文句、節回し、情緒を持った、別の唄です。

 

(3)その他、瞽女さん特有の演目として彩りをそえるもの

正月祝い口説き、瞽女万歳、瞽女松坂、などがこれにあたります。

(1)、(2)、(3)、それぞれが絡み合って聴く人と唄うものとの楽しい時間を織りなしていきます。
しんみりとした物語に聞き入り、楽しい唄で笑い、めでたい唄で楽しみ・・・・・
「ごぜうた」は、そのような複合的な「芸」なのです。

 

▲Topヘ